保育所の保育士不足の問題とは

  • 保育所の問題といえば待機児童問題が常に報道されています。入園の申請書を提出する時期になると保護者は戦々恐々、都市部では兄弟、姉妹が一緒の保育所に入れたらラッキーで、別々の保育所になることも珍しい事ではありません。

    この背景には保育所の建設が反対され建設計画が無くなってしまった、そもそも保育所の数が足りていない等、様々な問題点がありますが、保育士の人材不足ということも大きな問題です。保育士の人数を多くできれば保育できるお子さんの人数も多くできる、しかし保育士がいない状況で対応できない保育所もあります。

    最近は男性保育士を保育所で見かけることもあり、女性とは違いダイナミックに遊んでくれる男性保育士は非常に人気が高いといわれています。しかしお給料面では年収平均300万といわれていますので、男性が結婚してお子さんが生まれてからこのお給料で暮らしていけるのかといわれると不安な状態です。お給料に関しても男性も女性も同じ状態なので結婚して家庭を持つとなればそのまま保育士として働くのも無理な方が多いです。

    保育士が減少している理由はいろいろあると思いますが、想像以上に働く現場において様々な事が過酷といえるのかもしれません。

    子どもに関わる仕事がしたい、保育できる仕事に就きたいと夢をもって保育士になった方も、現実、生活することが厳しく他の職業に就くという人も珍しくない状態です。こうした保育士不足の理由、その原因とはその他にどのような事が原因となっているのでしょうか。


    《 保育士不足に関する外部リンク 》
    このような状況ですから、当然保育士の求人数は多くあります。約4万件以上の保育士求人が掲載されているサイトでは、コンサルタントのサポートを受けながら仕事探しができる環境も整っています。求人を探している方にとっては良い環境と言えるでしょう … 保育士 求人